山の手大学生活日記

 たまにマニアックな半引きこもり大学生・気象予報士の日記。読んでる人に少しでもプラスになればな〜と思いつつ忘れた頃に更新。

さよなら、卓球

春は出会いと別れの季節。私も今日1つの別れを決意しました。

卓パをやめることにしました。

まぁ、ここでも1度書いたと思いますが、私は卓パでは“イジられキャラ”です。さすがに四六時中・・・ってわけではないけど、会話してたりするとほとんど最終的にイジられたりします。で、それがもう耐えられなくなったわけですよ。

例えば、18に新しい人が来ていて私が途中から来た時に、何人かで回してる台の中に入っていったら、そこで18の何人かがイジってくるんですよ。わざと列に入れなかったり、「こいつは弱いぞ」とか言ったり。そしたら、その新しい人(なんか強いらしいね)が1分もしないうちに、私と話もしないうちに私のことをイジり始めたり。

前回キャノンスマッシュを作った時も、「手伝ったんだから何かオゴれ」って言われたり、これがどうとか色々文句言われたり。誰一人として「お疲れさま」とか言ってくれませんでしたよ。駒祭の担当者はみんなで「おつかれ」とか「がんばったね」とか言ってたのに。

要するに私は地位的には卓パの底辺にいるわけですよ。いくら他に18が入ってきても、一瞬にしてその人も上にいったり。まずあったのは、このままだと19にもイジられるなっていう不安です。まぁ、私がイヤと言ってるアダ名で呼ばれるのは確定かなとは思ってました。

しかも、最悪なことに「イジられキャラはおいしい」というイメージがあってしまうんですね。なんか、自分もイジられたいとか、本人は自覚してないけどとか。要するに「イジられる=常に会話の中心=人気者」っていうことだと思いますが、私にとっては苦痛以外の何者でもありません。

そして、今日もいきなり携帯見られたりして(まぁ、見られてマズイメールは無かったけど)、それでもう完全にキレました。そして、アフター(今日は18だけの)で渋谷に向かう途中に色々と考え、結局やめることを決意しました。そして、お店の中で「今日で卓パやめるから」と言って来ました。

ただ、その直後にメールが来て「ちょっとトイレに来て」と呼ばれました。殴られるのかな?と思ったら、18の2人にやめないでくれと説得されました。

2人は本当にイヤだったのは気付かなかったから謝ると言ってくれました。それに、今やめられるとキャノンスマッシュができないし、新歓期も自分がいてほしいと言われました。

2人がそういってくれたのは本当に嬉しかったです。でも、何ていうかこんなことになった以上、卓パに残っても自分も周りもなんか気まずくなる気がしました。それに、本当にやめた方がみんなも気付くし、それも卓パのいい教訓になると思いました。

ただ、確かにキャノンスマッシュに関しては私以外に作り方を知ってる人がいないので、この製本作業だけはやっていくと約束しました。

心残りなのは大好きな卓球ができなくなることです。うちの大学には卓球部と卓パ以外で卓球できるとこはありません。でも、区の体育館とかで探せばあるのかな?別におじいちゃんの中に入って卓球でもイジられなければかまわないし。

ってことで製本が終わるまでのガマン。それが終わったら卓パ卒業です。これを踏まえて、イジられるのは決してみんながおいしいと感じるわけではないと自覚し、今後卓パで19以降イジられる人が無くなればいいなと思います。


変な話、今日が3月9日だったからこんな決意ができたのだと思います。まぁ、レミオロメンの「3月9日」にちなんだ(?)わけです。今日が10日だったら多分卓パをやめることはなかったのかな?でも、これで良かったんじゃないかな。

サーブの極意?

ホテルの予約も終了〜!!後は旅に出るだけ!!

さて、今日からキャノンスマッシュ(卓パ内で配る雑誌、以下CS)の製本が始まりました〜。ってことで、ここ数日寝てもさめてもCSのことしか考えてない状態・・・。

CSのメインは“他己紹介”です。つまり、他の人のことを紹介するというものです。んで、私はというとその他己紹介でかなりイジられてましたね〜。もっとホメろよ!!まぁ、そんなこと言って私も書いた人のイタさをアピールしたんですけどね。こっちは結構評判良かった。

ほんで卓球の方はというと、今日の火曜トーナメントも第1セット取ったのに負けました(汗)。う〜む、最近よくこの第1セットとって負けるパターン多いな。

自分で言うのもなんなのですが、私は結構サーブが得意です。まぁ、得意というか好きですね。上手い人相手でもサーブで4〜5点取れたりします。

一番効くのは相手のフォアへ速いサーブですね。一般的には普段相手のバックにゆっくりとした球を打つことが多いので、急な速球に反応できない場合も多いです。

で、この“いつフォアに打つか”っていう駆け引きがまた面白いんですよね〜。もちろん、相手に読まれたら単なるチャンスボールをあげてるだけですから。

私がやってるのは2つあります。まずはフォームです。バックに打つサーブのフォームから速球を打たないといけません。いかに、相手に“バックにくる”と思わせるかが勝負ですからね。

で、私は最近サーブのフォームを大げさにしてます。相手にもすぐ“このフォームはあのサーブだ”っていうのが分かるように大げさにやってます。なので、相手は“バックに来る”と思い込んで、フォアの方向に打っても相手が一瞬バックのほうに動くなんてことも。

それと、もう1つは目線です。私はフォアに打つときは絶対にそっちの方向を見ません。逆に相手の目線で打ってくる方向が分かったりしますからね。なので、フォアに打つと決めたときはバックだけを見てます。そして、バックに打つときはわざとチラっとフォアを見てみたり。

まぁ、私はラリーがあまり強くないので、やっぱりサーブで攻めるしかないんですね。昔はハズす代名詞だったサーブもいまやここ1番の必殺サーブになりつつありますし。とはいってもサーブのリターンが予想外に帰ってくるとどうしようもなかったり・・・(汗)。

ルール無視のスポーツ!?

・・・バンド大丈夫なのだろうか。今日も2人しか集まらず、全く練習にならず。暇だからベース借りて弾いたりしてた。意外と難しいね。

この前思ったんですが、卓球ってかなりルール無視でやってるんですよね。特にサーブに関して。結構知られてないんですが、卓球のサーブには次のような規則があります。

・台より後ろから打たないといけない
・トスをする手(左手)は開かないといけない(ボールが見えるように)
・サーブを打つ際身体でボールを隠してはいけない
・トスは16cm以上上げないといけない
・トスはまっすぐ上に上げないといけない
・トスの際にボールに回転をかけてはいけない

まぁ、大体こんな感じです。ただ、高校総体の県予選とかではいくつかは無視されてます。

特に“トスをまっすぐ上げる”と“無回転で上げる”に関しては、全く反則を取られません。私もちょっと手前に投げることもありますし、回転なんか全くムシしてます。まぁ、山なりのトスを上げる人は多いですね。

ってか、そもそも総体の1回戦とかは前の試合で負けた人が審判をするんですよ。なので、そんな細かすぎるファールは取れないわけですね。

でも、大げさかもしれないけどこれはサッカーのファールスローを取らないとか、野球でボークを取らないのと同じですよね。まぁ、でも卓球に関してはここら辺のルールは結構甘く見られてたり。

 まぁ、でもプロになると違うみたいです。この前オリンピックの卓球を見てた時にトスがまっすぐ上がってないという理由のサーブミスが2回くらいありました。でも、それを見て私は「細かっ!!」って思ったんですけどね(笑)。

一応、私も意識はしてます。私のサーブの中で、ボールを3mくらい(天井ギリギリに)投げ上げてから打つサーブがあるんですが、かなり練習したので今ではほぼ真上にほぼ無回転で投げれるようになりました。ボールの投げ上げは卓パで1番の自信があります。まぁ、ここに来るまで2年ほどかかりましたからね(笑)。

あと、たまに打とうと思ったら指に当って運よく入るということもあるんですが、実はこれも反則なんです。一応、ルール上はちゃんとラバーで打たないといけません。でも、これはかなりの確率でムシされます。1度スマッシュしようと思ったら指に当って、でもそれが偶然に良い感じで入って相手が取れなかったということもあったんですけどね(笑)。

とはいっても温泉卓球とかでここまで厳しくは見ません。ただ、“16cm上げる”と“台の後ろから打つ”に関しては守って欲しいかな〜。たまに、台上で手に持った玉をそのまま打つみたいな人もいますからね。あれはタイミングがつかめないのでやりにくい(汗)。

日進月歩

チャットモンチーのシャングリラという曲のギターは練習する価値があると思います。今日バンド練(人数揃わずほぼ個人練)の時に練習してました。結構弾けるようになりましたね。

さて、今日はスポ身がありました。バドミントンです。最近は全体を4つに分けてそれぞれでダブルスのリーグ戦を行い、上位2組は次の回に1つ上のリーグヘ、下位2組は1つ下のリーグヘ行くというのをやってます。んで、私の組は2部リーグから(最初のリーグは適当)はじめて、2回で見事に一番下の4部リーグまで落ちました(汗)。

しかし、なんと今日はその4部リーグで全勝優勝しちゃいました!!1つだけ1−4(5点マッチ)にされたんですが、そこから5−4に逆転しました。バドミントンは昔のバレーと同じようにサーブを打つチームにしか得点が入らないのでできたんですがね。サーブ権を奪ってから一気に5点まで取りました。

そして、話は変わりますが今週火曜日の卓パ火曜トーナメントでは、勝てなかったけど2つ上のカットマンの先輩から1セット取りました。取ったセットはほとんど手前に落ちる玉しか打たなかったので、相手にカットをさせなかったんですよ。それに、上手く左右に振ったり。

卓球にしろバドにしろ、最近「次ここに打てば良い」ってのが大分見えてくるようになりました。たとえば、スマッシュを打つときも昔は打つのに精一杯だったんですが、最近は相手がフォア側によってたらバック側に打つみたいな感じで、コースまで考えられるようになってきたんですよ。

今日のバドも、「今左に振れば崩せる」とか、「ここで前に落とす」とか考えて打てるようになりました。特に、手前に落とす玉はなかなか取られにくいですね。ってか、自分が卓球でカットやってて後ろに下がるからどのタイミングで前にちょこっと打たれたらイヤかとかいうのは結構分かってるんですよ(笑)。

あと、関係ないけど結構サッカー見てたりするのでウイイレ(サッカーゲーム)も大分上手くなってきました。同じような感じでスルーパスを出すスペースが前より見えたりするんですよね。しかも、ドリブルで相手のディフェンスを引きつけてパスを出すスペースを作るという高度なワザもできるようになりましたし。

まぁ、少しずつではありますが卓球は進歩してきています。がんばっております。飲み会には参加しないつもりでいます(笑)。次の目標は、カットのコースも考えて打てることかな?

マイペースで進めばいい〜♪

「ごはん大盛無料」のお店で2回連続で大盛にしてもらうのを忘れました(汗)。なんか、メニューをかまずに読むのに必死になってしまうんですよ〜。

さてさて、今日も卓パです。いや、まぁ最近卓パから離れる的雰囲気だったんですが、この前の金曜日の帰りに体育館の前を通ったらものすごく卓球がやりたくなったんですね。うん、やっぱり私は卓球好きなので卓パは止めたくないです。でも、飲み会は行きたくないな〜。

ってことで、火曜トーナメント。一時期勝ってた時期があったんですが、最近は連敗に次ぐ連敗です。んで、今日も1回戦は18の強めの人。しかし、今日は調子が良くバックドライブがなんともきれいに入るんですよ!!ってことで、気づけば2−0で勝っちゃいました!!でも、その後その相手に言われたのが「カットマンやめるの?」。

・・・そうです、今日勝ったは勝ったものの、カットが1本も無かったんですよ。普通に攻撃型の選手みたいな試合でしたしね(汗)。だから、正直あまり嬉しくは無いんですよね。もっとカットで相手のミスを誘って、それで勝てるようになりたいですよね。

ちなみに、今日は人数が少ないので、あと1回勝てばベスト4に入れるんですよ。でも、やっぱり奇跡は続かず0−2、0−2で負けました(汗)。でも、今日は普通に嬉しかったです。

ちなみに、私の理論なんですが卓球の選手には2タイプあって、単純に「ペースが早い選手」と「ペースが遅い選手」に分けられます。早い選手は3球目とかで速いドライブを打って決める選手、遅い選手はあまり打たずにツッツキなどでラリーを続けるタイプです。私はカットマンなので遅いタイプです

例えば、私は早いタイプの選手は苦手です。基本的にタイプの違う相手には苦手意識を持ちやすいと思います。私はそういう時は“いかに試合の流れを自分のペースにするか”が勝負を決めると考えています。

早い選手はスパッ、スパッと点を取り、相手が休む間もないくらいにすぐに次のサーブを出したり。試合でそういう人に当ると、どうしてもこっちのサーブもすぐ出しちゃったりするんですね。そしたらこっちの負けなんですよ。なので、自分のペースに持ってくるために自分のサーブだったらゆっくり時間を取ってからサーブを出したり、サーブもすごい遅い球を出したりして試合の流れをゆっくりにしたりします。

卓球って実力も大事なんですが、こういう駆け引きも結構試合を決める要因の一つです。ちなみに、今日勝った相手は遅いタイプでした。なので、私がちょっと早いタイプ見たいになってたので勝ったんじゃないかな?と思ったり。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix


Search

Calender

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -