山の手大学生活日記

 たまにマニアックな半引きこもり大学生・気象予報士の日記。読んでる人に少しでもプラスになればな〜と思いつつ忘れた頃に更新。

気象予報士の意味

キャベツとひき肉のあんかけをつくり、冷凍食品のチャーハンにかける。手軽においしくなりますよ。

さて、明日から4月です。明日から2年生ですか〜。しかも、明日からF研の新歓活動などスタート!!本当は卓パの新歓もするはずだったんだけどね。

ってことで、今日はF研の部会に行ってきました。今まで主にバイト等でこういう集まりに参加してなかったので、やっと参加できてよかったです。ちゃんと自分をアピールしてこないとね、“あいつ誰?”って思われないように。んで、早速明日F研のビラ配りやります。

それと、今日大学でめっちゃ色んな知り合いに会いました。というか、正確に言うと“会った”のは1人で他は私が一方的に“見かけた”ですけどね(笑)。でも、大学の中で卓パの人とすれ違った時は気まずかった。とりあえず、分かった瞬間下向いて通ったけど・・・多分バレたな(汗)。


ってか、今外がものすごくエライことになってます。めっちゃ風が強いです。特に家の周りは高めの建物が多いので、“ゴー”って音もするし、たまに家も揺れるし(笑)。

この前も似たようなこと書いてるんですが、こういった気象現象に最近敏感です。今では天気図を見れば“なるほどー”って思うことが多くなりましたし。しかも、見る天気図もTVの天気予報で見るような天気図だけでなく、上空の天気図や普通の人は聞いたこと無いようなのも見て勉強してます。

そして、大分次の日の天気とかが分かるようになりました。ってか、風の向きとか降水量も手に取るように簡単にわかります。実は、天気予報って大体の作業はコンピューターによる計算なんですね(笑)。

天気図もそうなんですが、大体2〜3日後までの風の向きとか降水量も計算されたものが出てきます。なので、それを見れば大体の天気は分かるんですね。じゃあ、気象予報士なんかいらないんじゃないかって思いますよね?でも実はそうではないんです。

例えば、そこに山があるかないかでも天気は大きく変わります。もちろん、大まかな地形は計算の内に入ってるんですが、それはかなり荒いものです。大体の天気ならいいんですが、細かい地域の天気などは地形をちゃんと知ってる予報士の方が良い予報ができると思います。

あと、小さい現象もコンピューターは苦手です。移動性高気圧とかの動きはコンピューターは予想できるんですが、竜巻の発生は予想できません。これは“カオス理論”っていうのがあって私もあまりよくわかんないんですが、コンピューターの自然現象の計算はある程度以上細かくなると全く役に立たなくなります。

で、そこが気象予報士の出番です。まぁ、今は竜巻の発生を予報できる人はいないんですが、でも人間だからこそ予想できるものも色々あるハズです。あと、一般の人に天気を伝えるのも1つの仕事でしょうか。

まぁ、科学技術は急速に進歩してきてますが、やっぱり最終的には人間の判断なんでしょうね。コンピューターばかりに頼らず、人間の勘(直感)にも目を向けていれば桜の開花予想のミスも防げたんじゃないかな?

Can Money Make True Happiness?

今日、塾の昼休みに生徒が冗談半分で私に「先生カッコいいよ。」と言ってきたので、「うん、分かってるよ」って返しました(笑)。一度言ってみたかっただけです。

さて、今日教育関係の番組を見ました。まぁ、一言で言えば学校がおかしい、先生がおかしいと。でも、最近おかしいのは何も教育現場だけではありません。子供が、大人が、社会が、政治が、全てがおかしくなってきてると思います。

先日このブログで書いたように、どうにかしたいと思ったらやっぱりまずは自分の思ってることを伝えるのが一番だと思います。なので、今思ってることを、上手くまとめられないかもしれないけど書いてみようと思います。

何か、そう思うと言いたいことがあれやこれやと出てきちゃって(笑)。一日じゃ書ききれないから、何回かに分けて少しずつ出して行こうと思います。

今日は“お金”についてです。


“お金が欲しいですか?”って聞かれて、“絶対にいらない”という人はほとんどいないと思います。今日の社会において、やはりお金がないと生活はできません。それに、お金があれば色々なものが買えるし、それにより叶う夢もあったり。

でも、私は“お金”というものがあまり好きではありません。なぜかと言うと、過剰なお金は人々をダメにするからです。この証明はどっかのニュース番組1本持ってくれば簡単にできるでしょう。


そして、今の社会をおかしくしてるのもやっぱりこの“お金”だと思います。人々はお金を得るために犯罪を犯し、お金を得るために他人を犠牲にし・・・。

例えば今日見た番組でやってたのは、“教育委員会、校長にコビを売る先生”です。たとえば、担任してるクラスでイジメがあった。でも、それを報告すると自分に責任が来て減給になったりする、だからそれを隠すとか。それ以外にも、自分や学校の地位を保つためにあんなことしたりこんなことしたり。

・・・“先生”って何なんですかね?極端な理想論かもしれないけど、やっぱり自分の子供のように命を懸けて子供を守り育てるのが先生じゃないんでしょうか?と思うんですけどね。少なくとも上に書いたような人は“お金>生徒”なんでしょうね。

政治家だってそうです。アメリカに嫌われたくないから自衛隊を派遣する?与党にいたいからって易々とありえない政策に賛成する?選挙に近いと選挙のイメージを気にして国会が静かになる?

ふざけんなって感じですよね。政治家って国民の代表なんですよね?そしたら、自分のクビを懸けてでも正しいと思うことをすればいいんじゃないの?だから高い給料とかもらってんじゃないの?

それができないってことは、要するに自分のほうが大事ってことじゃないんでしょうか。国を変えることより、自分の地位とか名誉を守るほうが大事って事なんじゃないでしょうか?そんな人には政治家になって欲しくないです。“国より自分”って人に私たちを代表して欲しくないです。


私は今東大にいます。世間的には“エリート”と言われています。でも、私は今までの学歴を自慢する気もないし、それを使って就職しようとかも思ってません。そして、将来いわゆる高収入の職につこうとも思ってません。給料は普通に生活してける分があればそれでいいと思います。

もちろん、お金はあったほうがいいですよ。その方が生活が便利になりますし。そりゃ基本的な家電は欲しいですし、“普通に生活”と言ってもそこまでギリギリになるのもイヤです。

でも、いま一般的に“お金持ち”って言われてる人のお金の使い方ってどうなんでしょう。高いブランド品を身につけ、高級な指輪をはめて、ムダに高いものを食べて。・・・これって別に“便利な生活”ではないですよね?そんなもの無くたって生きていけますよね?

なのに、そんなムダな物を買うために多くの人が犠牲になってるわけです。その被害を受けてるのは罪のない一般の人です。そして、その犠牲の上にいわゆる“エリート”と呼ばれる人たちが良い思いをしてる。そう、これが格差社会なんだと思います。

よく“1万円札降ってこないかな?”とか言う人がいます。“自分の地位を守る”ことを優先する人がいます。“お金が手に入ればそれでいい”という人もいます。

・・・お金ってそんなに大事なんですか?お金を持ってることがそんなにいいことなんですか?お金があれば本当に幸せになれるんですか?

世の中の大事なもの、それはほとんどお金では買えません。人の命ってお金で買えますか?能力ってお金で買えますか?人の気持ちってお金で買えますか?お金目当てで結婚したり付き合ったりしてる人は本当の恋人ではありません。その人はあなたを好きなのではなく、お金が好きなだけです。まぁ、そういう人でもいいという人なら別に口を挟むつもりはないんですけどね。


というわけで、よければ少し考えてみてください。とりあえず、私の気持ちを伝えることはできたと思います。

桜サクラさくらSAKURA

最近「鬼嫁日記」の再放送見てます。面白いんだけど、欠点がただ1つ・・・小池徹平がやってる役がめっちゃムカつきます(笑)。

はい、というわけでバイト先で何故か小学生に大人気(?)のN.Y.です。人気なのか、からかわれてるだけなのかはわかりませんが(笑)。でも、そのほうが授業中に生徒からもこっちからも話しかけやすいから良いっていうプラス思考もあるし、ナメられて授業にならなくなるというマイナス思考もある。

そういえば、バイトの帰りに乗った電車が降りる駅で数10cmオーバーラン。そのおかげで階段が目の前に(笑)。でも、降りた瞬間電車待ってたおばちゃんの化粧かなんかの匂いがものすごくして、思わずむせてしまった(汗)。ハチの巣みたいだ東京〜♪

さて、やっと本題に。ここ数日めっちゃハマってる曲があります。恋人よ〜ボクは旅立つ〜♪ そうです、「木綿のハンカチーフ」です。キンモクセイのカバーアルバム「さくら」でカバーされてるんですが、かなりハマりました。

なんていうか、1曲の中で男性目線と女性目線を上手く組み合わせてあるのが面白いんですね。歌詞の内容もかなり切ない物語になってるし、タイプ的にはあまり他にない曲だと思いますね。

それと、「さくら」のなかではスピッツをカバーした「チェリー」も好きです。オリジナルはバラードの雰囲気もあるゆったり目なんですが、キンモクVer.はポップな感じです。ハリーの声もなかなかこの曲にあってるし。

後はですね、宇多田ヒカルをカバーした「SAKURAドロップス」もオリジナルと雰囲気がガラッと変わってていいです。それと、原曲は知らなかったんですが、松田聖子をカバーした「チェリーブラッサム」も好きです。

もちろん、キンモクの新曲「さくら」もいいですよ〜。アコギ1本持って井の頭公園とかの桜の下で唄ったら似合うんだろうな〜って妄想しております(笑)。でも、裏声の部分が多いから上手く歌うのは難しそうです。

まぁ、ここで何だかんだ言ってても伝わりにくいと思うので、ぜひ皆さん聞いてみてください。聞いて損はしないと思います。

以上、キンモクセイ普及委員会のN.Y.でした。と言いつつ最初に持ってきたのはチャットモンチーです(笑)。

祝☆1周年

今日のバイトは朝から。授業は昼過ぎで終わったのに、そこからグダグダと仕事をしてたので帰ったのは夕方前。仕事効率悪いな〜(笑)。ちなみに、授業以外はバイト代でないので、実質時給は7〜8割。

さて、なんと今日でこの“山の手大学生活日記”は1周年を迎えました!!拍手〜!!

いや〜、まさか1年も続くとは思ってませんでした。これもひとえにこのブログを読んでいただいている皆さんのおかげです。m(_ _)m

というわけで今日は1周年特別企画です。今まで書いてたようであまり書いてない話・・・と考えると、意外と自分についての紹介ってしてないのかな?って思いました。なので、今回は“N.Y.ってこんな人”というテーマで書いてみます。

でも、ここで自己紹介したとこでN.Y.の全てが分かるわけではありません。書きたくないことも山々(笑)。なので、できるだけに客観的に書くために・・・占いを用いてみました(笑)。

ってことで、タイトル変更“占いで見るN.Y.ってこんな人”です。今回は有名どこ(?)3つをやってみました。“◎”がついてるのは自分で合ってると思ったやつです。



・動物占い→コアラ

◎楽しいことが大好き
ぼーっとした時間が必要
しっぽが無いので、しっぽを出さない悪だくみ
サービス精神が旺盛
◎最悪のケースを考えてから行動する
◎南の島や温泉など温かいところが好き
異性の好みは幅広い
◎昼は弱く夜に強い
計算高く儲かる話が大好き

北陸出身なのに(?)寒いのはキライです(笑)。悪巧みは・・・してないつもりなんだけどね(汗)。


・元素占い→ルビジウム

◎何か好きなことを見つけると夢中になり、とことんのめりこみます。
◎普段は落ちついて行動しますが、いざという時は積極的に行動します。
人に強い影響を与えます。その影響力はそれほど長く続くものではありません。
多くの人と仲良くなります。わきあいあいと話すのが好きです。
世の中のいろいろなところで活躍している多彩な能力を持つ存在です。
皆から信頼され、カリスマのあるリーダー的存在です。
◎一見冷たく見られますが、本当はやさしいところがあります。

カリスマのあるリーダ・・・かな?“一見冷たく見える”ってのはmixiの紹介で何人かに書かれた(笑)。あと、夢中になるけど結構飽きやすかったり。


・山手線占い→田町

◎プライドが高い
地道な努力が苦手
◎機嫌の良し悪しが激しいお天気屋
賭け事に強い勝負師
◎驚くほどロマンチスト
◎(プライドの高さゆえ)恋愛はほとんど受け身
自分の損得を考えて相手を選ぶ
付き合い始めたら自分の理想どおりになるようにする

賭け事はめっぽう弱いです(汗)。下のほうは経験無いので分かりません。恋愛は受身だけど、その理由は“プライドの高さゆえ”じゃなくてチキンだから(笑)。


以上、N.Y.紹介でした。まぁ、これを信じるか信じないかはあなた次第です。


というわけで、これからも山の手大学生活日記をよろしくお願いします。いつものようにマイペースに更新していきます。

地震雲はやっぱムリ?

今日の夕飯はシュウマイ〜。もちろん手作りで。われながらかなりおいしかったです。でも、なかなか上手く形が作れない(汗)。

というわけで、毎日というわけではないですが気象予報士の勉強をコツコツと進めています。特に電車での長距離移動中や、病院の待ち時間的なとこで本を読むことが多いです。なかなか良い暇つぶしとなってます。

ただ、私の場合気象予報の勉強は本を読むことではありません。最近はよく天気図や気象衛星画像をみて天気を予報してみたり、空を眺めて雲を観察したりしてます。例えば、あの雲はどうやってできてどうやってここまで来たのかみたいに。

この前の旅行も色々と勉強になりました。知らない街には知らない地形が多いので、そういった地形でどういう雲ができたりするかと言うのを色々と観察してましたね〜。あと、金沢からの帰りの飛行機でも、ほとんど雲を見てました。大体高度はどのくらいかな?とか、どんな構造なのかな?とか。

もちろん、まだまだほとんどわかりません(笑)。天気って意外と単純なものではなく、色んな種類の天気図をみて総合的に考えないといけないので、結構大変です。でも、少しずつ少しずつ分かるようになってきました。

んで、最近地震雲もちょっと調べてみました。はい、噂の地震雲です。先日TVで“熊本で震度4”と出たときに、地震雲掲示板で九州南部の地震雲?の画像がちょうどあったので、さっそくそのときの天気図と気象画像を調べてみると・・・さっぱりわかりませんでした(汗)。ただ、これは仕方ないんですよね。

地震雲でよくあるのは飛行機雲のような細長い雲です。しかし、実は気象衛星画像(赤外線)の分解能は最大(赤道上)で約4kmなんです。つまり、最低でも4km以上ないと雲は画像には映りません。なので、細長い地震雲は衛星画像では確認しにくいんですよね。

で、もう1種類の可視画像は赤外画像よりも分解能が高い(赤道上で約1km)、つまりより小さいものまで写るんですが、可視画像では夕方〜朝の光が当らない時間帯は雲は映らないんです。上で書いた地震雲?は朝6時だったので、可視画像では映ってませんでした。

それと、能登半島地震でも地震雲を調べてみたんですが、こちらの方は地震雲の目撃情報がありませんでした。だって、前の日とかずっと曇ってて地震雲があっても全然分からないような天気でしたからね(汗)。

とまぁ、あまり上手くは行ってませんが、日々進化してるつもりです。もっとしっかり勉強して、今年の秋には胸を張って「気象予報士のN.Y.です」と言えるようにがんばります。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix


Search

Calender

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31