山の手大学生活日記

 たまにマニアックな半引きこもり大学生・気象予報士の日記。読んでる人に少しでもプラスになればな〜と思いつつ忘れた頃に更新。

もぎけん

7月末〜8月上旬にかけてNHK・hiとかNHK総合でBUMPの番組があるそうです。しかも2本。片方は1時間半ほぼみっちりライブ映像を放送するハズなので、かなり楽しみです。

さて、水曜の3・4限は“システム科学特別講義?”という授業で、これは認知脳科学の色んなほかの大学の教授に毎回来てもらって、その人の研究とかの話をしてもらうというオムニバス形式の講義なんですが、今日の先生はなんとあの茂木健一郎先生でした。

茂木先生といえば“世界一受けたい授業”とかでおなじみの有名な先生ですよ。ってことで、こっちもどんな先生かドキドキしながら待ってました。そしたら・・・

おにぎりを食べながら入ってきた黒いガラなしのTシャツをきた普通な感じの人・・・一瞬“院生?”と思ったらその人が茂木先生でした(笑)。いや〜、イメージと正反対の登場に心の中で大爆笑でしたよ(笑)。

というわけで授業。ただ、脳科学の話のハズだったんですが、途中から“日本の大学の教授は・・・”とか、“日本はもう終わってる”とかそんな話に(笑)。脳科学の話は半分くらいでした。

しかも、留学生が入ってきた途端、いきなりしばらく英語で授業が展開されたり(汗)。半分くらいしか聞き取れませんでした(涙)。ま、元々スライドはほぼ全部英語だったんですけどね。

ま、でも講義の内容は面白い話も結構あり、うちの学科の教授とのやり取りもあり、ある意味面白かったです。個人的には有名な先生の話が聞けたってことと、色んなネタを見つけたってので満足です。

ちなみに、今日最大のネタは茂木先生がYou Tubeの動画を紹介するときに開いたお気に入りの中に、英語のやつにまじって1つだけ“世界のナベアツ 3の倍数のときだけ・・・”みたいなのがあったことです。もう、教室中大爆笑でしたよ(笑)。

にしても、やっぱり人多かったですね。茂木先生の院生とか多大からの人も多かったんですが。普段、授業によっては数人しかいない(広シスの出席率が低いため)ことも多い教室が満杯でした。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix


Search

Calender

« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -