山の手大学生活日記

 たまにマニアックな半引きこもり大学生・気象予報士の日記。読んでる人に少しでもプラスになればな〜と思いつつ忘れた頃に更新。

韓国旅行その2 〜当たり前だけどハングルだらけ編〜

日本人っぽいおばちゃんに“高校生?”って聞かれました。いや〜、オイラもまだまだ若いってことだ(笑)。

旅行の朝は早い(通常の夏休み生活に比べってこと)・・・朝8時前に起きて朝食へ。朝はお粥を食べました。韓国ではお粥を結構普通に食べるらしいですね。普通ってのは、別にカゼとかをひかなくてもということ。ただ、朝にしてはちょっと量が多かった(汗)。


まずは、ソウル市内の新村(신촌・シンチョン)というところにある延世大学(연세대힉교・ヨンセイテハッキョ=ヨンセイ大学)に行きました。これは私立で一番有名な大学で、日本でいうなら早稲田か慶應といったとこですかね。




結構広かったですね。本郷C+弥生Cと同じくらいかな?でも、ソウルにはこれより大きな大学があるという話も(笑)。ちなみに、その大学に行った理由はそこに名所があるわけではなく、単に大学で使ってた韓国語の教科書に載ってたからです(笑)。

適当に構内を回った後、購買で色々見て回りました。いや〜、日本語教科書のコーナーの前ではしゃいでる日本人の団体はさぞかし変に映ってただろうな(笑)。

その後は大学の食堂へ。そこで、1時間ほど睡眠(笑)。昼食は朝のが重くてお腹が空いてなかったので、クロワッサン1個で済ませました。ただ、言語の分からないとこで食べ物を買うのって怖いですね〜。中に何が入ってるかわかんないし(笑)。ってことで、ハズレのないクロワッサンをチョイス。


その後は、まずは龍山(용산・ヨンサン)へ。ここには電気街があって、まぁ例えるなら“アキバ−(マイナス)萌え”でしょうか。お店のディスプレイのテレビで韓国のバラエティをやってたんですが、全く何言ってるかわかりませんでした(笑)。うちらの中で笑ってるのは案内してくれた韓国の人のみ。

次はソウル駅の近くにある南大門市場(남대문시장・ナンデムンシジャン)へ。どの店も買ってくれオーラが出まくりでした。駒祭とか五月祭よりも活気があったかも(笑)。ちなみに、マツタケがものすごく大量にあって、しかも安かったです。




その後は東大門市場(동대문시장・トンデムンシジャン)へ。南大門市場は食品となぜかメガネ屋が多かったけど、東大門市場は服屋や帽子が多かったです。ただ、ほとんどバッタ物だけど。私も、半分ネタでヤンキーズの帽子(のバッタ物)を買いました。

しかし、買おうと思って店員に渡したら“オーチョンウォン”と言われたんですが、一瞬凍りました。・・・うっ、何言ってるかわからない(汗)。こっ、これが海外で買い物する難しさか・・・と思った瞬間、1年間韓国語を習った頭が反応しました。

オーチョンウォン→오천원→5千ウォン

大正解!!いや〜、一応習っててよかったよ(汗)。ってことで、5千ウォンでお買い物。5千ウォンってことは大体600円ちょっとだから、結構お得な買い物ですよね。バッタ物だけど(笑)。


そして、夕食。今日は焼肉でした〜。ただ、ちょっと食べるのが大変でした。何でかっていうと、店員さんが焼いてくれたんですが、ものすごいペースでお肉を鉄板の上に載せていくんですよ(汗)。しかも、それだけじゃなく、焼けた肉をみんなに配ったり。3〜4人前のセットが30分もしないうちに空に(笑)。




そういえば、今日人生で初めてレバーなるものを食べました。何だかんだで今まで食べたことなかったんですよね〜。で、食べた感想は・・・ダメだ〜(汗)。また嫌いな食べ物が1つ増えたよ(涙)。基本的に内臓系は苦手なんですよね。


その後は、また東大門市場へ。南大門もそうなんですが、東大門も“門”ってつくだけにちゃんと門があります。何であるかは聞いたけどよく分からなかった(汗)。




これが東大門。

今回は何も買わなかったんですが、昼間東大門市場に行かなかった組も合わせてうろうろって感じでした。んで、シメはホテルに帰って飲み会。まぁ、今回もアルコール飲んだのは半分くらいの人だったんですが、でも盛り上がりましたね。


まぁ、これだけ移動したわけですから、足はかなりの疲労ですよ(汗)。結構休み休みの移動でしたね〜。東京来て歩き慣れたはずなのに、夕方以降はすぐに座ってしまうくらいでした。


ちなみに、今日の移動はほとんど地下鉄でした。ソウルにも東京と同じくらい多くの地下鉄が走ってます。路線図はこんな感じ。




ただ、東京の“銀座線”とか“丸ノ内線”みたいな名前はなく、“1号線”とか“4号線”みたいな感じです。

あと、もう1つ面白いのは、普通の駅は“명동(明洞)”とか“신촌(新村)”なんですが、ソウル駅だけは“서울역(ソウル駅)”なんですよ。つまり、車内アナウンスも普通は“次は〜、ミョンドン〜”とか、“次は〜、シンチョン〜”なのに、ソウル駅だけ“次は〜、ソウル駅〜”になるんですよ。

日本の丸ノ内線とか山手線は“次は〜、東京〜”ですよね。でも、なんとなくソウル駅バージョンの方ほうがしっくりくる気がします。

コメント

多分、ほとんどのPCで設定をちょちょっとイジれば韓国語が打てるようになるハズ。というか、ほぼ全部の言語が出来るんじゃないかな?

質問

NYのPCはハングル対応なの?それとも記号かなんかでひとつずつうつの?
パソコン上でハングル見たの初めてだから驚いた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://noncapital.dtiblog.com/tb.php/599-8a70c16f

モンクレール ダウン

山の手大学生活日記 韓国旅行その2 〜当たり前だけどハングルだらけ編〜

« 韓国旅行その1 〜やっぱりキムチは辛かった編〜  | HOME |  韓国旅行その3 〜ソウルの道をおそーるおそーる編〜 »

PAGE TOP ▲

Appendix


Search

Calender

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -